顕在意識とは

顕在意識 その2-Consciousness-

顕在意識とは

私達が普段、意識することのできる意識のことで、論理的な思考・理性・知性・意思・決断力を指します。決意したり判断したり選択する心の領域でもあり、望ましいこと望ましくないことを識別する能力を持っており、また悩んだり不安になったりという願望を持ったりします。

「買い物へ行こう」などと自分の意思で決意した場合、それは顕在意識で決意したことになります。顕在意識には、自分の力を引き出す大きな力は秘められていませんが、社会生活を安定して送る為には必要な意識です。

潜在意識と顕在意識の割合

意識できる顕在意識と、意識できない潜在意識、割合はどうなっているのでしょう

私たちが意識できている部分の方が当然大きいものであろうと感じてしまいますが、実は、潜在意識は約90~97%、顕在意識は3~10%の割合だと言われています。

私たちが意識出来る部分はたったの3~10%しかないのです。

優先順位、意識の強さは、潜在意識が顕在意識よりも勝ります。そのために、顕在意識でどんなに頑張ろうと思っても、潜在意識の中に「どうせ出来ないだろう」という考えがインプットされてしまっていると、潜在意識の方が優勢ですから、失敗したり、途中で挫折していまうことがあるのです。

顕在意識と顕在意識が変わる時間がある

普段は届くことが出来ない潜在意識ですが、一日のうちに何度か、顕在意識との間に隙間ができる時間があります。

それは、朝寝起きの時、夜眠る直前、入浴時など、意識がぼーっとリラックスした時間です。

電車の中でなんとなくぼーっとしている時間も潜在意識に意識的にインプット出来る時間です。

この時間に、あなたの理想とする姿を想像したり、実現したい夢を思い切りイメージしたり、自分に話しかけたりすることで、そのことが自然と潜在意識の中に入り込み、その力を使うことが出来るようになります。

また、素晴らしいアイディアが浮かんできたりするのもこの時間が多いと言われています。

ヨガのレッスン中に

引き寄せは思考が実現する法則…。

この言葉ですごく「思考」にばかり…精神的なことばかりに焦点が当たり、

肉体をおろそかにする方もいるのですが、人間は精神と肉体、2つでひとつです。

私は決して、精神面ばかり重視していても精神的に充実するわけではないと思うんです。

ひたすら精神論だけ学んだところでうまくいくわけではないし、

逆にひたすら肉体だけ鍛えたところでうまくいくわけでもないし、

両方ともバランスよく鍛えていくことが大切だと。

なので、両方を鍛えたいというのであればヨガはすごく良いんじゃないかなと思います。

両方の面を同時に改善できるし、どちらか片方に偏っているよりも脳(潜在意識)のパフォーマンスは上がりやすい。

潜在意識が活性化するのが早く、そして潜在意識が活性化すれば、引き寄せる力も強くなる、ということ。

まとめ

1日数分~でも自分と向き合う時間を持ってくださいね。

ヨガは精神と肉体の両方を鍛えられるということだけではなくて

自分を正しい未来へと導いてくれるものだと思っています。

前回潜在意識についても書きました。こちらもあわせてどうぞ

最後まで読んでくれてありがとう

Much Love ♡ Ayano

No Comments

    Leave a Reply